肝臓がんの食事療法

肝臓の具体的な役割と聞かれたら、あなたは答えることができますか?

肝臓は身体の中で「解毒・代謝」の役割をする、重要な臓器です。
ですので、肝臓がんになると、体内での解毒作用・代謝機能が十分に機能しなくなります。
身体にどう影響が出るかというと、当然ながら他の臓器にも負担が出てきてしまいます。

ちなみに主な肝臓がんになる原因は、肝炎ウイルスであると言われています。
しかし、お酒・たばこ・食事もその要因となります。
つまり、普段の食生活・生活習慣に気を付けること、それが一番、肝臓に良いのです。

肝臓がんの食事療法も積極的に採用されています。
肝臓がんになると、栄養素の消耗が激しくなってしまうため、普段の1.5倍の栄養素を積極的に摂る必要があります。
たんぱく質・炭水化物・ビタミンCやK・ミネラルなどの基本的な栄養素は特に摂取してください。
食物繊維も便通をよくするために摂りましょう。

しいたけなどのきのこ類・にんにくやにらなどのユリ科の植物・ナタ豆・すっぽんなどは、特に積極的に意識して摂取してください。
これらは肝機能を保護する役割があります。

他に「摂取しないでほしい栄養素」があることも覚えておきましょう。
注意してほしいのは「脂肪分」を極力減らすこと。
そしてたばこ・お酒・刺激の強い食事(辛いもの)は禁止。
これだけは十分に気を付けてください。

食事療法は医師・栄養指導員などに相談すると、食事の仕方や食品の選び方など、肝臓がんの食事療法について教えてもらえます。
自分にできることから少しずつ始めていきましょう。