肝臓がんの予防

肝臓がんの予防

B型肝炎やC型肝炎など肝炎ウィルスの発生が原因で、肝臓がんとなる割合は70~80%を占めています。

肝臓がんにならないためには、肝炎ウィルスにかからないように注意することがとても大切になります。

肝炎ウィルスにかからないための予防法がいくつかあります。

その大きな予防とは、他人の血液がついているものをむやみに共用しないということです。

かみそりや歯ブラシなども例外ではありません。

また、他人の血液に触れなければならない場合は、ゴム手袋などを着用するようにしましょう。

注射器や注射針の共用ももちろんいけません。

刺青やピアスなどは、きちんと消毒された器具を使うようにしましょう。

性行為の際もコンドームを使用し、不特定多数の性交渉はもたないように注意しましょう。

感染リスクが高くなってしまいます。

肝炎ウィルスの感染を予防するだけではなく、肝臓がんにならないために注意すべきことが食生活や生活習慣にもあります。

まず、肝臓がんになるリスクを高める要因のひとつでもある飲酒です。

過剰な飲酒は肝臓がんになるリスクを高くしてしまいます。

適度な量と、休肝日を設けることはとても大切です。

食べすぎも肝臓に負担をかけやすくなってしまいます。

繊維質の多い野菜や、緑黄色野菜、豆類は積極的に食事に取り入れ、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

また、タバコは百害あって一理なしともいわれています。

とにかく禁煙することが一番です。

適度な運動に心がけ、十分な睡眠と休養も大切です。

心身ともに過剰なストレスは、大きな要因となりえます。

最後に、年に一度は定期健診や健康診断を受けましょう。

普段のなにげない生活のなかで注意できることは注意していきましょう。

毎日の食生活・生活習慣を改善することで、肝臓がんへの予防は十分にできるのです。